Contact Us
Modeling

Modeling

3.5kcampaigns modelled
15years
12offices

メディア環境が変わり、マーケティングに関する問題がより複雑化する中で、モデリングのアプローチ自体も変化させていく必要があります。

Data2Decisionsでは、クライアントの課題に応じて、利用する分析手法やデータ、その組み合わせ方を変えます。そうすることで、オンラインメディアとオフラインメディアを統合した効果測定など様々な複雑な課題に対応することができます。そして、モデリングした結果を優れた最適化ツールであるPolest4に入れることで、最適な予算設定・配分を実現します。

トータルアトリビューション分析はマーケティングミックスモデリングとデジタルアトリビューションモデルを組み合わせたData2Decisionsにより開発された新しい手法です。この手法では、オンラインとオフラインメディアの効果を関連付けて評価することで、より正確に効果を測定することができます。

エコシステムモデリングは、POEメディアと売り上げの間にあるインタラクションを明らかにし、売上への影響を複雑なインタラクションを含めて見える化することができます。例えば、「デジタルチャネルでのインタラクションがどの位売上に影響を与えているのか?」や「オウンドやアーンドメディアはどれ位ペイドメディアから影響を受けているのか」といったことがわかるようになります。

デジタルアトリビューション分析では、デジタル上での行動履歴を個人レベルで扱い、分析します。どこで、いつ、どのように広告に接触したのかを分析することで、売上をドライブさせることが出来ているタッチポイントがジャーニー上のどこにあるのかを見つけることが出来ます。この分析では、どのような順番で消費者に情報を提示していくべきかも明らかになるため、広告クリエイティブや自社サイトコンテンツの改善策も導出することができます。

マーケティングミックスモデリングは、価格やプロモーション、広告、季節性、経済状況などの要因がどれ位売上に対して影響を与えているのかを算出することが出来ます。これにより、ROIベースでの評価が可能になります。